teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


あゆみ

 投稿者:tommydesu  投稿日:2017年 3月14日(火)12時15分42秒
返信・引用
  早いものでもう五月。前期自治会最後のイベント「餅つき大会」は想定外の
参加を頂きありがとうございました。役員50名、一般客120名、学生5
名、合計175名を数え上矢部団地ここにありと地域全体にその名を轟かせ
ました。去年行われたビーチバレー自治会対抗で優勝、同じく33自治会対
抗運動会では並み居る強豪に伍して9位と善戦しました。
さて、昨今テレビや新聞紙上を賑わしている通り自治会そのものが少子高齢
化で衰退の一途をたどり住民の孤立や孤独死を招いている現状です。
イベントの参加者が少なく取りやめになった話はよく耳にするところです。
翻って我が上矢部団地はどうでしょうか。少子高齢化は同様ですが何かが違
う。もうお分かりですね。
そうなんです。住民皆様の参加、協力しようという意気込みが違うと感じま
す。地域住民の連帯の輪を広げ悲劇が起こらないようにする。
防犯カメラの設置もその線に沿った活動の一環で来年もさらに増やしたいと
考えています。最後に皆様の参加ご協力を受けて自治会が盛り上がり自治会
と住民皆様とがウインウインの関係でありたいと常々考えています。
今期執行部一同前期にまして頑張りますので一層のご支援お願いします。


 
 

いとこ会(1~8)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2016年 6月 2日(木)14時21分43秒
返信・引用 編集済
                    (1)
盛岡を8時57分発、東京へ11時56分着「はやて」を選んで姉に伝えた。
目的地(上諏訪)到着時刻を逆算するとドンピシャと読んだからだ。東京駅まで迎え
にいく私も早起きしないで済む。
5月25日の朝は晴天、暑いくらいでバッグには「山本五十六と山口多聞」という古
本屋で見つけた文庫本を忍ばせてある。オバマ大統領が日本訪問という折、別の角度
でゆっくりと考えたかった。それはともかく出掛けに家内がコーディネートしてくれ
鏡の前で試着、「乞食みたいな服装では困るでしょう」と言われ面倒くさかったがこ
こは従う。町田を小田急で新宿まで、新宿から中央線で東京まで。
読みどおり1時間前に到着した。待合はごった返していて外国人旅行客が目立つ。
やっと空いた石の席に座って文庫本を読む。集中すると喧騒は消えて時間感覚もなく
なる。気がつと11時55分になっていて慌てて中央改札口で待っているとやや猫背
だがそれらしい姿が見えた。両手を挙げると改札の向こうも分かって手を振ったが浮
かない様子である。改札越しに「切符なくした。どうしよう」これだよ。
近くにいた駅員に相談すると精算所を指してそこへ行ってという。
1~2分何やら手振り大きく訴えている姉の様子が見える。戻ってきた姉は一転して
ハチキレンばかりの笑顔である。新しく貰った小さな切符で悠々と改札を出た。
「優しい駅員だった」と何度も言う。「姉の剣幕に恐れをなしたのでは」と言いたか
ったが我慢した。
                  (2)
新宿まで出て中央線松本行き「あずさ17号」に乗る。13時発で上諏訪到着15時
21分である。道中ゆっくり持参の単行本が読めると思いきや質問攻めにあう。
それが終わると歌の文句じゃないが「私の話を聞いてくれ」となってきりがない。
たちまち甲府、小淵沢ときて間もなく上諏訪である。
何度も来ているが流石観光の町で綺麗な駅前を見ながらタクシーに乗る。
諏訪湖湖面のキラキラした反射光を右に見ながら進んでホテルが立ち並ぶ一角の今日
の宿「華乃井ホテル」に横付けした。すぐに従業員が荷物を持ってくれ「いとこ会」
と告げると先刻までロビーで皆さんお待ちでしたと言われ恐縮。10階のゲストルー
ムへ。早速幹事Sさんの部屋へ行くと今回のメンバー全員が揃っていた。総勢7人で
ある。参加者減は各自都合があって仕方ないし加齢とともに減っていく方向はどの集
まりも同じである。それはともかくおばさんの元気なこと。90になられた由だが私
などまだまだヒヨコだと感じた。元気を頂いて感謝している。
耳が遠くなって時折話題についてこないが娘のKさんがサポートするとたちまち話題
の核心を突いて驚いた。
                  (3)
今日明日のスケジュール説明が幹事さんからあった。去年はM男さんと同室だったが
今回は個室である。姉の部屋は隣で幹事さんの配慮だ。6時に3Fの「華あかりの間」
で宴会、それまでは温泉に入るなり寛ぐなりの自由時間。宴会後は幹事部屋で雑談。
明日は7時にバイキング朝食。9時写真撮影後先祖の墓参り。大体こんな予定だ。
早速自室で浴衣に着替えカーテンを開けると正面に遠く新緑の山々が連なって眼下に
上諏訪の街、右隅に諏訪湖が見える。10Fからの絶景に暫し見とれた。
温泉は6Fにある。男湯の暖簾をくぐると客はまばらでこれはのんびりできそうだ。
色々な湯があって「地酒の湯」や「磁場ゼロの湯」なんてのもある。
どれも前回経験済みで今回は露天風呂に身を沈めた。ダダッ広い風呂に一人で入れば
日常のモヤモヤも消し飛ぶ。リセットとはこのことだ。
洗い場に戻って鏡を見るとそこには紛れもない73の老人の顔が映っていた。
6時はすぐに来た。内線で姉の部屋にコールしたが出ない。先に行ったと判断して3
F宴会場へ降りていくと案の定、着席してM男さんと話している。すでに膳が用意さ
れ全員集まって賑々しい雰囲気である。幹事さんの挨拶があって突然、乾杯の音頭を
と指名されハタと困った。「少数精鋭」が浮かんでナントかしのぐ。
花粉症で今年まったく飲んでいないアルコール、注がれるままにビールを飲んで真っ
赤になっているのが火照りで分かる。
                  (4)
参加者全員がそれぞれの日常を述べるいわば近況報告。席順で姉が最初。地元の老人
会でソロでダンスを踊って舞台から落ちて捻挫した話をした。その後老人会は解散し
たと言うからお騒がせなことだ。叔母さんの話で忘れられないのは猫とネズミの話で
ある。叔母さんは洗濯バサミに布を被せて猫を作っている。我が家の電波時計の縁に
去年頂いた3匹が抱きついている。余暇の徒然に作ったものだがある日、叔母さんが
いつものように知人に上げようとしたら「いらない」と言う。みな喜んで貰って行く
のにこれはどうした事でしょう。理由が振るっていた。「私ネズミ年だから」!!
Y子さんは夫のSさん(幹事)の趣味兼ボランティアが危なくて心配だ。友人らと山
に入って虫に食われた立ち枯れの松をチェーンソーで切り倒し地元住民に喜ばれてい
るのだが。。。先日倒木の目測を誤り危うく下敷きになりそうだったという。
「もうやめてください」と真顔で言った。Sさん苦笑いである。近年松食い虫が猛繫
殖、温暖化の影響がここにも及んでいる。
Sさんはいとこの旦那ではあるが企画力と実行力は抜群で「いとこ会」もSさんが居
なければ続かなかったろう。
私の番になって自治会での一コマを面白く語ったつもりでお茶を濁した。いつのまに
か8時半近くなってお開きの時間である。飲んだせいか食事の内容をよく覚えていな
い。
                  (5)
会食を終えて叔母さんと姉は就寝で自室に戻り他は幹事部屋に集まった。
話題は会食の延長で10時にはここもお開きになった。風呂に行くかとも思ったが久
しぶりのビールが効いて睡魔に抗せず自室のドアを開けると思わぬ宝石を撒いたよう
な夜景に恵まれた。カーテンを開いたまま出かけたらしい。
昼間の光景と一味違って暫く眺めていたが小腹がすいてホテルに近いコンビニで焼き
そばを購入、腹がくちくなって今度こそベッドに横になった。
快眠後の目覚めは爽快で6時起床。早速温泉に入るが昨日とは入り口が違って別の印
象である。客もまばらで貸切状態、のんびりと湯に浸かっていると昨夜のビールが汗
になって吹き出てきた。
自室に戻りテレビを見る。ノックがして姉が一緒に食事をと顔を出した。
朝食会場は6Fの連絡通路を経て隣のパレス館の2Fにある芙蓉の間である。すでに
多くの宿泊客がバイキングに群がっている。メンバー皆もすでに思い思いに着席し食
事中で挨拶を交わす。姉はと見ればコーヒーにほんのちょっとのサラダをトレーに盛
って
澄ましている。大丈夫かいな、そんな食事で。
 

会報

 投稿者:tommydesu  投稿日:2016年 4月29日(金)08時25分45秒
返信・引用 編集済
  風薫る5月。九州熊本の大地震、未だに強い余震が続いていて被災者の辛労は察するに
余りあります。決して他山の石でないことは東北~九州と災害が日本を縦断しているこ
とでも分かるように「絶対に安全な場所」は無いという事です。
わが団地でも防災意識の高まりを受けて防災訓練に熱心に取り組んでまいりました。
決して他人事ではない自分の身を守ることの大切さを再認識しましょう。
防災訓練には積極的に参加しましょう。あなた自身のために。
 

(無題)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2016年 3月30日(水)09時26分11秒
返信・引用
  前回会合で出た問題点(下記は個人的意見。叩き台としてあげました)

 A ①役員名簿はあるが組織としての相関関係が不明瞭。

   ②事業本部長が誰なのかはっきりしない。
    (会長ではっきりしている?)
   ③環境部について草取りと美化は別とのことだが環境部草取り課
    環境部美化課だと考える。
    文化体育部ビーチボール課と同じ。

 B 団地住人が引っ越しの際、適切なゴミ処理をしていかない。
   入居時に必ず「住まいのマニュアル」という小冊子を渡される。
   そこには「引っ越しに伴う大量のゴミは収集されませんので各入居者で
   粗大ゴミとして処理してください」と明記されている。

   ①引っ越しが決まったら速やかに自治会に連絡する。(電話でよい)
   ②ゴミの処理は人に頼まず自分で処理する。(本人が入院して親族に頼む
    ケースで問題が起きやすい)または業者に頼むのが良い。
   ③収集日以外は出さず分別し棟の所定の場所に置く。
   ④粗大ゴミは市に捨てるゴミの種類を連絡しコンビニでゴミ券を買い貼る。

   ①~④までは基本中の基本。マナーを守り「飛ぶ鳥、跡を濁さず」で行き
    ましょう。
   
 

軽井沢いとこ会(7)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2013年11月18日(月)15時04分36秒
返信・引用
  新宿から小田急で町田を目指すのだがロマンスカー400円也を
奮発。町田14時ジャスト到着。姉が盛岡に着くのは14時16
分だが携帯を持っていない。公衆電話からかかってくるのは14
時25分くらいかと読んでいたら14時23分に無事到着の知ら
せが届いた。明るい声だった。(完)

追記、長々と駄文におつきあい頂きましてありがとうございます。
   記憶は当てにならないもので忘れてしまう。忘れないうち
   に感激の冷めないうちにという思いで書き留めました。
   文中敬称はおろか御名前すら書かずに失礼しておりますの
   をお許しください。
 

軽井沢いとこ会(6)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2013年11月18日(月)14時48分4秒
返信・引用
  8時になって姉と一緒に1階バイキング会場へ。和洋折衷で私はも
ちろん和食である。一同朝食を終えて幹事から次回はまた諏訪で行
う事、9時10分頃全員で記念写真をとること、私と姉が9時30
分のシャトルバスで失礼することなどが紹介された。
バスに乗り込むと時子叔母以下皆で手を振って別れを惜しんでくれ
た。叔母さん、また来るからね。それまでお元気で。いつも別れは
ほろ苦い。姉がポツリとつぶやく。「楽しい時間は早いわね」
帰りのシャトルバスは30分である。行きは40分かかったのに。
夢の世界から現実に戻る余韻は許さないということか。
軽井沢駅で切符を買う。私には一計があって大宮まで2枚、大宮か
ら盛岡まで一枚買った。長野新幹線「あさま520号」軽井沢10
時59分発までまだ小一時間ある。駅前の土産物屋で少々購入。二
人で近くの喫茶店で紅茶を飲む。すぐに時間になって「あさま」に
乗り込んだ。何事も無く11時46分に大宮に着き後は東北新幹線
「はやぶさ15号」に姉を乗せるだけだ。ホームで待っていると流
石に気温が違って一枚脱ぐ羽目に。12時22分「はやぶさ」は来
て姉は車中の人となった。座席に無事収まるのを確認してからゆっ
くりと埼京線に乗り換えた。大宮から新宿まで都内有効で余分な運
賃が掛からない思惑は外れて新宿で追加450円をとられた。うま
くできているものだ。
 

軽井沢いとこ会(5)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2013年11月18日(月)13時46分56秒
返信・引用
  この風呂の驚きの真価は翌朝確認することになる。浴衣に着替え
て516号室の2次会へ出向く。時子叔母、智光夫妻、姉は欠席
だったが無理は禁物だ。2次会は例によってclosed(身内)の
話なので省略する。10時半になって明日は早い。お開きとなっ
た。1階のフロントで翌日のシャトルバスの予約をする。
旅慣れぬ姉の帰心は矢の如しで最近パーキンソンと診断され手が
震える症状がでた。幸い昨今の良い薬が効いて見た目問題はない
が本人は自覚していて心配だ。皆と行動が分かれるがこれは仕方
の無い事だった。
明けて11月5日。就寝前にもう一風呂浴びた効果で熟睡し目覚
めは6時半、体調は万全だ。前日に幹事より7時展望浴場開場、
8時1階食堂にてバイキングと聞いている。部屋のカーテンを開
けると眩しい朝日が差し込んできて「今日は快晴」の予報通り。
姉が内線で「熱いコーヒーを飲みたい」と言ってきた。近くの自
販機で缶コーヒーを調達、湯沸かし器で沸かす。7時になってタ
オル片手に展望エレベーターで13階に向かう。上昇に連れ雑木
林が下に下がってゆき驚きの絶景が眼前に。一面の紅葉の裾野を
従がえて雲一つない頂から美しい稜線を描く浅間山が全容を現し
たのである。風呂からの眺めは更に際立ったのは言うまでもない。
 

軽井沢いとこ会(4)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2013年11月18日(月)13時09分53秒
返信・引用
  もちろんそんなことは億尾にも出さず聞いていると続けて「教育
とは今日行く所があるか、教養とは今日用事があるかをいつも考
て、無ければ積極的に作るべしという意味です」と。。。
恐らく私はカメレオンのように赤くなったり青くなったりした筈
で己の短慮を恥じた。
見た目も綺麗な料理が並んで食欲をそそるのだが箸をつける間も
なくビールが注がれて有り難く受ける。気が付くと顔が火照って
きていつもの金太郎状態だ。姉が心配して「風呂に入るんでしょ
う。いい加減にしたら」とセーブを促すが当人は日頃の酒場通い
の自信から限度を知っているつもりで「まだまだ」と思っている。
いつの間にか会話の個は出来上がっていて夫々に別の話題で盛り
上がっている。そこへ幹事の「宴もたけなわのところ恐縮ではあ
りますが中締めとさせて頂きます」と定番のセリフが出て私が指
名された。頭の中は「教育と教養」ショックで何を喋ったか覚え
ていない。
展望大浴場は13階にある。旅の楽しみは「風呂」に尽きると何
かで読んだ。早速出かけてみる。展望エレベーターに乗って13
階まで上がる。外はすでに漆黒の闇で何も見えない。男湯女湯に
分かれていて右側の男湯に向かった。風呂は私だけで貸切だ。
単純泉とか硫黄泉の効能書きが見当たらず単なる湯だったのだが
カランが20席ほどあって湯船も広くジャグジーの泡に体を委ね
ると長旅の疲れが癒された。
 

軽井沢いとこ会(3)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2013年11月18日(月)12時25分55秒
返信・引用 編集済
  行ってみるとすでに皆集まっていて総勢11人、内訳は叔母が一人
いとこの夫婦連れが3組、いとこが7人である。去年見えなかった
新しい顔は3人である。幹事から夕食の時間や場所、明日の朝食の
時間と場所など細かい説明があり新たに出席した3人の紹介があっ
て血のつながりを納得する。美子さん手製の漬物を味わう。旨い。
暫く互いの近況を語り合う内にいつの間にか夕食の時間になって1
階レストランに集合した。私は僭越ながら時子叔母の左隣に着席、
右には娘の薫さんだ。私の左には姉が座った。幹事の進行よろしく
乾杯の挨拶、音頭は長男の長男である智光さんがそつなく仕切って
拍手を浴びた。ビールのやり取りがあって向かい同士隣同士が語り
合っていると恒例の自己紹介と近況報告に移るという幹事の声。
端に座った幹男さんからスタートした。皆挨拶や語りは慣れていて
感心しながら聞いているとすぐに私の番が来て慌てた。「8月一杯
で仕事を辞めて今は趣味に飲酒にいそしんでおります」というよう
なことを喋ったのだが。。。これが後で私の中で波乱を呼ぶ。
もっとも私のハヤトチリだったのだが。自己紹介は順調に進んで
礼子さんの夫の番が来た。新しい顔の一人である。白髪ながら顔に
は艶があって若々しい。私の方をみながら「隠居されたようだが
教育と教養が無いと」とぶち上げたのだ。私は正直ムッとした。
(初対面のアンタに言われたくない)と思ったからだ。
 

軽井沢いとこ会(2)

 投稿者:tommydesu  投稿日:2013年11月17日(日)11時28分24秒
返信・引用
  すぐに時間が来て「あさま527号」に乗り込む。15時15分軽
井沢着で一時間ちょっとだ。案内状が正確でそれに沿って行けば簡
単に目的地に行ける。午前中は曇りだが午後は次第に晴れの予想は
当たって窓外の景色は明るさを増して遠くの山々がゆっくりと移動
してゆく。軽井沢に到着。15時30分に南口1Fロータリーで
ビィラ北軽井沢エルウイングホテルのシャトルバスが待っていたが
他のホテルのバスも待っていて少し迷う。
サッと気温は下がっていて新幹線のぬくもりはここまで。用意の防
寒着を羽織る。バスにはすでに智光夫妻が乗っていて無沙汰を詫び
旧交を温めた。軽井沢は初めてだが人の多いのに驚かされた。田舎
ではないのだ。道中は登坂路やS字路の連続で恐らく2つ3つ峠を
越えたのだろう。突然眼前に巨大な稜線が出現した。浅間山である。
生憎山頂に雲がかかっていて全容は見えなかった。40分ちょっと
で目指すホテルにバスが横付けした。今夜の宿は大きな13階建て
で紅葉に色づく山中に唐突に現れた。どうやらここは唐突が売りら
しい。館内に入ると見慣れた顔、顔、懐かしい。これがいとこ同士
というものだろうか。時子叔母の元気な顔を拝見。ホッとする。
横には薫さんが寄り添っている。幹事の手配よろしく各自にルーム
キーが手渡され私は511、姉は510である。部屋はツインで1
6畳はある。姉の部屋も同じで窓外に紅葉が望める絶好のロケ―シ
ョンだ。すぐに516の幹事の部屋に集合することになっていた。
 

レンタル掲示板
/3