[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


コロナワクチンの事前案内

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2021年 6月 2日(水)21時59分8秒
編集済
  本日 名古屋市健康福祉局 新型コロナウィルス感染症対策質より
武田/モデルナ社ワクチン住民個別接種の候補となる接種施設の意向調査の連絡がありました。

65歳以上の方の接種が完了していない現時点でこの様な連絡があるのは日本政府は潤沢なワクチン確保に成功しているのかと勘ぐっています。国民の70%以上がワクチン接種を行えば集団免疫が出来て局地的なクラスターの発生は起こるかも知れませんが、今の様な息苦しい社会からは解放されます。
私や職員も積極的に協力したいと考えておりますが、クリニックの規模から考えても1週間に数百人程度が限界と思います。
調査には1週間に100人程度と記載し報告しました。(これより多い選択肢は1日100人になり摂取は不可能です。)
1回あたりの供給は100回分で余っても返却できません。

私が想定しているのは64歳未満で当院に通院中或いは通院履歴がある方と当院のある大曽根フロントビル内で働いている方です。当院に通院されていた方のご主人も当院の診察券があれば対象とさせて頂きます。精液検査・人工授精・体外受精を行っている方は診察券を発行しています。診察履歴が確認できない方は対象外とさせて頂きます。

1.ワクチンは武田/モデルナ社のもので約1ヶ月の間に2回の接種が必要です。(モデルナ社製ワクチン)ファイザー社製と併用は出来ません。

2.7月以降になると思います。

3.必ず予約と接種券(現時点ではまだ発行されていません) 本人を証明するもの(保険証・免許書・当院の診察券)が必要になります。

4.優先接種対象の方は当院では施行できません。

5.妊娠予定或いは妊娠中の方も安全性と危険性を考えた場合 ワクチン接種を行うべきだと思います。
妊娠6-12週の場合は要相談


まだ手を挙げただけの状態なので供給してもらえるかどうかも不明です。
詳細が分かり次第ここに投稿させて頂きます。

追申 今週中に当院の職員全員に2回目のファイザーワクチン接種が終了する予定です。2回目の方が筋肉痛と倦怠感が強くなりました。

 

お知らせ

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2021年 3月24日(水)18時34分5秒
編集済
  ゴールデンウィークの休診日

おしらせ 5月2日(日曜日)より5月7日(金曜日 午前)まで休診とさせて頂きます。
5月7日午後より診療を開始します。
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

月経の開始が4月14日から4月22日の方はこの周期に採卵することができません。

当院休診日に月経が始まる可能性がある方は事前に投薬を受けることで体外受精は可能になります。

A 月経開始4月30日から5月4日の方
月経開始3日目からプレマリン内服開始
5月8日からクロミッド内服開始 5月15日受診

B 月経開始5月5日から5月6日の方
月経開始3日目からプレマリン内服開始
5月10日からクロミッド内服開始 5月17日受診

C 月経開始5月7日の方
月経開始3日目からプレマリン内服開始
5月15日からクロミッド内服開始 5月22日受診
 

愛知県特定不妊治療費

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2021年 2月17日(水)12時01分31秒
  愛知県特定不妊治療費助成事業の拡充分の申請について
昨日公表されました
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/tokutei030215.html

 

コロナワクチンの見解

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2021年 2月 2日(火)09時52分27秒
  コロナワクチンについて日本産婦人科学会よりお知らせがありました。
65歳以下の摂取はまだ先になると思いますが、医療従事者の方は早期の摂取開始が予定されております。
特にワクチン摂取時期が妊娠6-12週の方は注意が必要になると思います。

COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ
日本産婦人科感染症学会 日本産科婦人科学会 令和3年 1月27日
2021 年 2 月からわが国においても、COVID-19 ワクチン接種が始まります。政府はすで に希望される方すべてに、無償で接種を行う方針で進めています。
COVID-19 のパンデミックが昨年に始まり、およそ半年という極めて短い時間にワクチ ン開発が行われたために、まだ十分な有効性や安全性に関する臨床データの集積はありま せん。ただし、大規模な接種を始めたイスラエルでは、新規感染者、重症者、基本再生産数 がともに激減しています。副反応として、アナフィラキシーを含むアレルギーの頻度は、米 国におけるファイザー製ワクチンで 0.0011%とされていますi。治験の段階では注射部位の 強い疼痛が数日続くことや発赤の報告はありますが、致命的な副反応は報告されていませ ん。
残念ながら、妊婦さんに対しては十分な知見がなく、各国で見解が分かれています。米国 の ACIP(ワクチン接種に関する諮問委員会)は、妊婦を除外すべきではないとしii、イスラ エルでは積極的な接種対象としています。一方で、英国やカナダでは十分な臨床データがな いことから、妊婦中の COVID-19 ワクチン接種は推奨していません。COVID-19 mRNA ワ クチンの動物の生殖に関する研究はまだ完了していません。また、中・?期的な副反応につ いては、現時点では不明です。
日本産婦人科感染症学会および日本産科婦人科学会として、現状において以下の提言を します。
1 COVID-19 ワクチンは、現時点で妊婦に対する安全性、特に中・?期的な副反応、胎 児および出生児への安全性は確立していない。
2 流行拡大の現状を踏まえて、妊婦をワクチン接種対象から除外することはしない。接種 する場合には、?期的な副反応は不明で、胎児および出生児への安全性は確立していないこ とを接種前に十分に説明する。同意を得た上で接種し、その後 30 分は院内での経過観察が 必要である。器官形成期(妊娠 12 週まで)は、ワクチン接種を避ける。母児管理のできる 産婦人科施設等で接種を受け、なるべく接種前と後にエコー検査などで胎児心拍を確認す る。
3 感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基 礎疾患を合併している方は、ワクチン接種を考慮する。
4 妊婦のパートナーは、家庭での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮する。
5 妊娠を希望される女性は、可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。(生ワ クチンではないので、接種後?期の避妊は必要ない。)
患者さん一人一人の背景が違いますので、まずは産婦人科の主治医と十分にご相談くださ い。
i Tom Shimabukuro, MD, MPH, MBA; Narayan Nair, MD Allergic Reactions Including Anaphylaxis After Receipt of the First Dose of Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine JAMA. Published online January 21, 2021. doi:10.1001/jama.2021.06001回目接種を受けた 1,893,360 人中、アナフィラキシー含むアレルギーの頻度は 21 人、そのうち 17 人にはアレルギーの既往があり。
ii Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) https://www.cdc.gov/vaccines/hcp/acip-recs/vacc-specific/covid-19.html
 

特定不妊治療費改定

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2021年 1月21日(木)11時34分11秒
編集済
  特定不妊治療の改定について (本日連絡を受けました。)

1 改定の概要
(1)所得制限を撤廃する。
(2)助成金額を1回30万円(男性不妊治療を含む)、採卵を伴わない胚移植及び採卵したが卵が得られない等の為中止にしたものは、1回10万円とする。
(3)助成回数を1子ごと6回までとする(40歳以上43歳未満は、3回)。
(4)事実上婚姻状態にある男女(事実婚)を対象とする。

2 適用時期
令和3年1月1日(金曜日)以降に不妊治療が終了したものが対象。
(受診等証明書の「今回の治療期間」の終期が、令和3年1月1日以降が対象)

3 その他
改正される愛知県特定不妊治療助成金交付要綱の施行は、補正予算決議後となる3月になる見込みですが、令和3年1月1日から適用とします。


これを見ると前回ご案内した通りの様ですが、今年から始めた2回目以降を30万円実際受け取れるのは3月以降になりそうですね。
 

不妊に悩む方への特定治療支援事業の拡充

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2020年12月29日(火)18時58分44秒
編集済
  体外受精の助成金を拡充

来年より体外受精の助成金が変更になります。
年収の上限が撤廃されました。2回目からの助成金が15万円から30万円に増額されました。
年齢別回数の上限は同じですが、(初回の開始が40歳未満6回まで 40-43歳未満3回まで)
以前は回数は加算されましたが、二人目からはリセットされ3-6回に拡充。
採卵のみや移植のみは7.5万円から10万円に増額される様です。
大変喜ばしい事ですが、急な事で詳細は知りません。
下記リンクを参照して下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047270.html
 

お知らせ

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2020年12月 8日(火)12時57分58秒
  コロナ対応として少量のhMGを併用したクロミッド刺激体外受精を本年4月より行っておりましたが、年内をもって終了させて頂きます。今後は従来通り20年以上続けているクロミッド刺激(プレマリン併用)体外受精のみに移行します。コロナ対応として全卵凍結は希望の方に行いますが、移植料金は初回15万円 2個目以降7.5万円(追加培養・凍結・保存・移植費用込み)に変更させて頂きます。  

おしらせ

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2020年11月17日(火)11時38分28秒
  年末年始の休診
12月29日より1月3日まで休診とさせて頂きます。

月経の開始12月11日から12月19日の方はこの周期に採卵することができません。

12月20日以降に月経開始される場合は年初より体外受精可能です。

当院休診日に月経が始まる可能性がある方は事前に投薬を受けることで体外受精は可能になります。

A 月経開始12月26日から12月30日の方
月経開始3日目からプレマリン内服開始
1月3日からクロミッド内服開始 1月9日受診
 

お知らせ

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2020年 8月13日(木)18時46分47秒
  9月20日(日曜日)より9月22日(火曜日)は暦通りで休診させて頂きます。
この週にシステムメンテナンスを行いますので9月23日から9月26日まで採卵・胚移植は行いません。
ご迷惑をおかけしますが、月経の開始が9月2日より9月10日方はこの周期に採卵は行えません。

当院休診日に月経が始まる可能性がある方は事前に投薬を受けることで体外受精は可能になります。

A 月経開始9月18日から9月22日の方
月経開始3日目からプレマリン内服開始
9月26日からクロミッド内服開始 10月3日受診

B 月経開始 9月23日から9月24日の方
月経開始3日目からプレマリン内服開始
9月28日からクロミッド内服開始 10月5日受診
 

薬を割る機械

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2020年 8月 4日(火)12時03分11秒
  薬を半分に割る機械を購入しました。
当院にてクロミッドやカバサールを半錠に割って飲んでいる方先着20名に無料で配布します。
本商品はアマゾンで300円くらいで購入できます。
 

/93