[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


輪番停電

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2011年 3月13日(日)22時50分21秒
  昨年だけでも仙台へ転居された患者さまが何人かおみえになりました。このたびの震災で被災されていないか心配しております。
現在、関東地区では輪番停電の報道がされております。東海地区では停電の心配はないようですが、当院の培養器は無停電装置が設置されておりますので仮に輪番停電が起きた場合でも培養器が停止する事はありませんのでご安心ください。
 

新☆待合室でした

 投稿者:おさる  投稿日:2010年12月12日(日)10時54分57秒
  先日診察に行き、拡張された待合室を拝見しました。
掲示板で読んで楽しみにしてたので、ワクワクして、
しばらくあちこち見回してしまいました☆
今までもきれいだったので満足してましたけど、
新しいものって無条件にテンションあがりますね。
この勢いでipadにもまた挑戦したいと思います!
 

お知らせ(改正)

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年12月 2日(木)09時55分21秒
  12月29日より1月7日まで休診とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけします。
体外受精につきましては
12月10日以降に月経が始まった方は年内に行う事が出来ません。
12月9日以前に月経が開始された方は月経開始3日目以内に受診して頂ければ12月中に採卵可能です。
12月23日以降1月6日までに月経開始または月経開始予定の方は1月9日以降(9日は採卵のみ行います)に採卵は可能です。体外受精希望の方は12月28日までに受診して下さい。
12月10日~12月23日までに月経開始の方は次周期以降にお願いします。
拡張工事の予定
今月中旬にカウンターと椅子を増設します。待合室の椅子も増設します。カウンセリングルームも完成します。
年末年始に工事を行い診察室を一つ増設します。
待合室でお待ちの方に中待合へのご案内をお名前の呼称なしでご案内出来る様検討中です。
キッズコーナーにハードディスク内蔵のテレビを購入します。(発注済みですが1ヶ月待ちになっています)
 

拡張しました。

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年11月13日(土)20時10分54秒
  本日診療所が拡張されました。
待合室は明るく広くなりました。全体のバランスも考えて椅子も増やす予定です。
今までの待合室は診察室に変更予定ですが、この工事は年末になります。
来年の正月にはすべて完成予定です。
 

自費診療改訂のおしらせ

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年11月 1日(月)21時14分57秒
編集済
  来年1月より自費診療の一部を改訂をさせて頂きます。
主に現在無料で行っている自費診療費を有料のさせて頂きます。
体外受精周期、採卵直前のホルモン検査(エストラジオール+LH) 無料→3,000円
体外受精前の術前検査(貧血・感染症多項目検査)1年間有効 無料→10.000円
顕微授精(手技料金+材料費・レスキューICSI含む) 無料→10,000円 (胚移植時に別途徴収させて頂きます)
余剰胚盤胞卵追加培養と受精卵凍結保存は引き続き無料とさせて頂きます

抗ミュラー管ホルモン(AMH)6,000円→8,000円

AIH 総額に変更 13,000円(再診料+投薬料含む)
AID 総額に変更 15.000円(再診料+投薬料含む)
 

祝日

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年10月24日(日)00時16分1秒
  11月3日 11月23日 12月23日は祝日の為休診ですが、採卵は行う予定です。  

診療所を拡張します。

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年10月18日(月)00時24分51秒
編集済
  今月末頃より診療所の拡張工事を行います。入り口から左の壁を取り除いて待合室を広げます。
まず隣の部屋の内装工事を行い最後に壁を取り除きます。後期は2週間程度です。
キッズルームとカウンセリングルームを作ります。
カウンターを作り当院の不妊カウンセラーと雑談出来るような空間も設けたいと思います。
床面積が50%程度増えますので今までと比べるとゆったりとした空間が出来ると思います。
 

オギノ式

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年10月 1日(金)22時07分20秒
  オギノ式に続く言葉はと聞かれたらほとんど避妊法と言うでしょう。しかし荻野先生は避妊法を確立した訳ではありません。荻野先生の理論は排卵日の特定でした。大正時代では人間の排卵日がいつおこるか知られておりませんでした。いつでも排卵するという学説や月経中に排卵するという学説など様々であり荻野先生は手術時の所見や多くの問診などついには自分で何回か試してついに人間の排卵日を特定しました。排卵日は予定月経開始14日前プラスマイナス2日これが逆に避妊法に用いられ当時すべての避妊法を認めていなかったヨーロッパのキリスト教会がこの方法だけは用いて良いと言う事になり全世界に知れ渡りました。これは絶対利用しましょう。
特に不妊治療を受けていない方に一番簡単なタイミング法になります。つまり月経周期が28日周期の方は月経の始まりから14日目に排卵する事が多いです。この前後は必ず頑張りましょう。月経周期が35日周期の方は月経開始21日目前後です。但し月経周期が不安定な方と高温相が短い黄体機能不全の方にはこの方法は役に立ちません。
 

不妊原因

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年 9月12日(日)18時06分39秒
  不妊原因として排卵障害・男性不妊・子宮内膜症・卵管因子不妊・免疫性不妊・原因不明不妊・高度卵巣機能不全(卵巣の老化)など多く原因をあげられていますが、いずれの原因でも自然妊娠する事はめずらしくなく断定的な不妊原因と判断する事は出来ません。不妊原因と断定できるのは無精子症・閉経・両側卵管切除或は子宮切除のみになります。体外受精や顕微授精が行える現在、私が考える不妊原因は1.受精卵が子宮に到達していない2.受精卵の遺伝子が十分ではない3.その他になります。そしてその他の原因は沢山考えられますが、全体としてはかなり少ないウェイトであると思います。その証拠が体外受精の累積妊娠率です。1についてですが、どこの施設でも2回体外受精を行えば半数以上は妊娠されます。不妊症ではない方(結婚後2年以内に自然妊娠された)が1回の性交渉で妊娠する確率約20%を体外受精の方が超えています。2については女性の年齢が妊娠率に大変大きな影響を及ぼします。両方に言える事ですが複数の受精卵を移植すると正比例で妊娠率は高くなります。3は例えば根拠は分かりませんが着床不全と診断された場合や子宮内膜が薄いとか子宮奇形、子宮筋腫などになると思います。全体としてはかなり少数派になると思いますが、やたらこの辺りを指摘する不妊雑誌が多いですね。2に関して有効な治療法が無い事がその様な環境を助長させているのかも知れません。  

休診のおしらせ

 投稿者:院長(資郎)  投稿日:2010年 9月 2日(木)17時30分25秒
  9月21日22日をお休みさせて頂きます。祝日をあわせ9月19日より23日まで休診となります。
質問は不妊についてのみ質問コーナーで行っております。
http://6113.teacup.com/shirotokugawa/bbs
 

/91