teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/13 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

遊びと手の労働の研究会

 投稿者:佐藤 政子メール  投稿日:2011年 1月23日(日)22時04分20秒
  通報
  初めてメールします。
私は、遊びと手の労働の研究会の特別支援部会の担当をさせていただいております佐藤政子です。
川崎市の中学校支援級に勤めております。
今日、塩野谷先生と土井先生から、手労研の夏の大会で一緒に分科会のことを考えてくださるとお聞きし、早速メールしました。
強力な方がいらしてくださったと喜んでおります。
発表レポートは、・遊びの指導(都立王子養護学校小学部1・2年)
          ・作業学習(杉並区立済美養護学校中学部)
          ・作業学習(鳥取大学附属養護学校高等部)
          ・岡山市立津島小学校 特別支援級の実践
                                     を予定しています。
手労研ですので、遊びやものつくりを通して人格をはぐくむということははずせませんが、近頃特別支援教育対象のかたがたを交えた集団つくり・学級つくりも話題になっております。
今年は鳥取の地域を上げた取り組みということで、いろいろな地域から来ている方々に、地域での取り組み等もお話しいただければと思っています。
こんなことをとりとめも無く考えております。先生の方で、こんなことはどうかなど視点がありましたら教えて下さい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/13 《前のページ | 次のページ》
/13