teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. たかられ屋物語(8)
  2. 番台さん物語(13)
  3. 株研向上委員会(44)
  4. 証券会社店頭の悪党物語(1)
  5. チイママ物語(12)
  6. 草笛物語(18)
  7. 入院物語(8)
  8. 株主総会物語(1)
  9. ある私設秘書の物語(3)
  10. 草笛語録(16)
  11. 株研オフ会企画室(131)
  12. 東京城北物語(7)
スレッド一覧(全12)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:49/132896 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

こんにちは 暴騰くんの頭の良さ 器量の大きさ ブラックユーモアが理解できる度量

 投稿者:草笛  投稿日:2018年 4月30日(月)17時46分47秒
  通報 編集済
  伊賀さんへ

草笛はまっこと至らぬ者でございます。

前期株研掲示板が全盛時代には すいかさんが隣に居た。
後期株研掲示板が全盛時代には HNを変えて伊賀さんが隣にいた。
君たちがいて僕がいた。伊賀さんがいて草笛がいたと言うことです。

草笛の傲慢不遜な文章プラス伊賀さんの切れ味と配慮のある文章の相乗効果で
株研掲示板が成り立っていたんだな~~~と
自主廃業する今日の日に、つくづく思い知らされました。報恩感謝絶好調。

さきほどの暴騰くん論を興味深く読みました。まさに図星でっせ!

>暴騰くんはいつもニコニコ笑顔で優しい方です。
>だけど、どう表現したら良いのでしょう?
>草笛さんにとても似たようなところがあります。

>草笛さんに見つめられると、心の底まで見透かされているような
>そんな怖さがあります。
>薄っぺらな口先でのごまかしは利かないな、というような感じなのですけどね。
>暴騰くんにも同じ物を感じることが時々ありました。

>確かに頭の良いところは草笛さんと良く似ていらっしゃいますけど
>それ以上にもっと深いところでの類似点があるのですよ。

>そういう部分、草笛さんと引き合ってるのではないかな?と
>私の勝手な想像です

暴騰くんはいつもニコニコしていますが、彼は強いからそういう余裕があるのです。
にっこり笑って人を斬る、そういうこともいざとなれば出来る男だと霊視します。
大人しい愛妻家風に見えますが、実はしらっとして女を口説いて、夢株特攻隊さん以上の
女遊びをやっていたりしてね。そんな気がしてなりません。

株研掲示板一般版最後の日ですから、とっておきの裏話をやります。
某旅館で僕と暴騰くんと某草笛ファンの男性が3人で遅くまで飲んでいたとき
僕は酔ってポロリと本音を語りました。

「ネット以前、株研掲示板以前にも草笛を囲む集団があった。
 ネット以前も草笛信者たちと一緒に20年以上、株の戦いをやってきた。
 株の相場は戦争であり、命懸けだ、相場に失敗して人生破滅して本当に死んだ人間もいる!

 ネット掲示板の場合、バーチャル的なところ、お遊び的なところ、仲良しクラブ的なところがある。
 それでピリッとしないのだ。気合いが入っていないから苦戦するんだ!!
 株研帝國陸海軍の将兵で誰か一人でも破滅して
 本当に命を絶った者がいるか? いないだろうがぁ~~!! それがネット掲示板の限界なんだよ!

 命懸けで真剣に戦って株研帝國大本営万歳と叫びながら命を絶つ者が1人さえいないようでは
 株の世界で株研帝國が本当の勝利を掴むことは望めないんだよ! おい!そうだろ?どうだ? 」

ここで、暴騰くんが言いました。

「さすが草笛さん! 素晴らしいお言葉です。着眼点が鋭いですね!絶好調!!
 おっしゃるとおりです。気合いの入っていない連中だけではいくさは勝てません。
 死人が出るくらい、真剣に戦わないと株研帝國の最終勝利は望めないのだ!敬礼!!」

そのとき、もう一人の草笛ファンが反論した

「うんにゃ、それはちがいますけんね~ 死人を出しはいけん!
 草笛さんのもとで仲間がみんな生き延びてこそ株研ですけんね~~」

その言葉を聞いて、草笛は激怒した。

「おい!お前!俺に向かって今、反論したよな!
 お前な~~いつからそんなに偉くなったんだ!!
 俺が株研帝國軍人は死人が出るくらい激しく真剣に戦うべしと言ったら、ハイその通りですと
 答えればそれでいいんだよ!! 俺はお前に意見など聞いていない。お前の意見なぞ要らんのだ。
 俺に意見、反論するなや! このボケが!!!!!!ドリャーーーー!!! 」

まあ、こういう感じですね。
僕の怒号、罵声を聞いて、暴騰くんはさらに楽しそうにニコニコして酒を飲んでおられました。

「さすが草笛さんです! その通りですよ~!今日は最高です。絶好調!!絶好調!!」

僕はしみじみと、暴騰くんという男は出来るな、只者ではないな・・・と感心しました。
草笛の怒号、怒りの罵声に、たまたま立ち会った者は、自分が叱られていなくても
たいてい凍ってしまい、恐怖と気味の悪さで言葉が出ませんからね。
暴騰くんは、その夜、ゆったりと平常心で手酌で酒を飲み続けておられました。暴騰くん、おぬし、できるな!!

 
 
》記事一覧表示

新着順:49/132896 《前のページ | 次のページ》
/132896